かわいいじゃん

先月、名古屋のオーベルジュドリル名古屋でエンドフィルムのご依頼を頂きました。 この会場は過去何回も撮影させてもらっています。 今回ご依頼頂いた新婦さんは同会場でのサンプル映像を見てご依頼して頂きました。 新婦さんは職場が弊社から近いため、式の数日前に1人で打ち合わせに来られました。 とても可愛らしい新婦さんで、お話をしていて彼を大好きなことが強く伝わってきました。 そん新婦さんですが彼には一つ不満があるそうです。 それは普段「かわいい」と言ってもらえないこと。 新婦さんは常に「かわいいって言って」とお願いしてるそうですが、彼にはあしらわれるばかりだそうです。 はい、新郎さんの気待ちはとてもよくわかります。笑) 男は基本的に女性を褒めることが苦手ですから、かわいいと思っていても言葉にすることは思っている以上に難しいものなんです。 彼女から「かわいいって言って」とお願いされたら、なお言えなくなってしまいますよね。 だってお願いされて「かわいい」と言ってしまったら、それは本心ではなく言わされたことになってしまいますから。 でも新婦さんはどうしても結婚式で彼に「かわいい」と言ってもらいたくて仕方がないんです。 結婚式は非日常的な出来事ですから普段は言えないような照れる言葉も言いやすいです。 そしてさらに新郎が新婦に対して「かわいい」と言えるタイミングがあるとすれば、それはファーストミートです。 ファーストミートは新郎が初めて新婦の花嫁姿を目にする瞬間ですから、結婚式の雰囲気とあいまって「かわいい」と言いやすい状況です。 逆に言えばファーストミートで「かわいい」と言えない人が今後の結婚生活で言えるとは思えません。 というわけで今回は当日の支度中に僕から新郎さんに一言お願いをしました。 「ぜひファーストミートの時にかわいいと言ってあげてもらえませんか。僕も恥ずかしがり屋なので照れる気持ちはよくわかりますが、今日言えないと一生後悔するかもしれませんよ」 新郎さんは快く「わかりました」と言ってくれました。 普段僕は自然な2人の姿を撮りたいため、何かをやってもらうことは嫌いです。 そもそもビデオ屋がこんなことをお願いすること自体おかしいと思っています。 「言われたから言った」となればそれは嘘になってしまい、2人の思い出に傷がつく可能性もあるからです。 ただ僕は言わせたというより、新郎さんの背中を押す感覚でお願いをしました。 きっと新郎さんは僕と同じようなタイプの人間だから気持ちがよくわかるんですよね。 そして、背中を押されて出た「本当の気持ち」が一生の思い出になることも僕は知っています。 ファーストミートの瞬間、新郎さんは新婦さんに「かわいいじゃん」と本音で自然に言ってくれました。 その言葉を聞いて新婦さんは「やっと言ってくれた・・」と一言 その後お二人はお互いにお手紙を交換して感動的なファーストミートになりました。 女性はどんな高価なプレゼントよりも「かわいい」の一言でこんなに喜んでくれるんだなと今回の撮影を通して強く感じました。 これを読んでる男性の皆さん、ファーストミートをやられる時はぜひ一言「かわいいね」と言ってあげてくだい!

​​


特集記事
最新記事