ロングフィルムについて

今回はショートフィルムのオプションであるロングフィルムについて説明しようと思います。 ショートフィルムに関しての詳細はこちらの記事をご覧ください。 ロングフィルムはショートフィルムの撮影素材を見やすく簡易編集したもので90分~120分くらいの長さになります。 作品的な編集はしませんがショートフィルムでカットしたシーンや現場音が楽しめます。 料金もプラス20,000円とお手頃な価格なのでショートフィルムをご依頼頂くほとんどのお客様がご注文をされます。 ロングフィルムは従来の記録ビデオにとても近い内容となります。 違いとして記録ビデオはカメラマンがあまり動かずにノーカットで収録をしますがショートフィルムの撮影はエンドロールのようにいろいろな角度から撮影をします。 そのため移動している間は収録されていません。もう1台固定カメラを用意しているので全収録しなければならないシーンは2台のカメラを切り替えながら編集をしていきます。ロングフィルムを編集する際の基本ルールとして ・撮影したカットは極力全て収録するが、NGテイク、ブレて見づらい箇所などはカットする ・祝辞、スピーチ、インタビュー、手紙などの音声は全て収録する ・司会者の説明的な言葉は基本的にカットするが新郎新婦のプロフィール紹介は収録する ・歌や演奏などの音楽系余興はカットせず全収録する 上記以外の箇所はエンドロールのようにダイジェスト的な編集がされていきます。 もちろんシーンによって全収録を希望される場合は配慮させて頂きます。 よく「ロングフィルムだけのプランは無いの?」とご質問を受けますが残念ながらあくまでロングはショートのオプションであり単体では販売しておりません。 なぜかと言うと長尺になってしえば どれだけ撮影や編集の内容が素晴らしくても完全な記録映像となってしまい「見やすく感動できる作品的なブライダル映像」という本来の目的から離れてしまうからです。 長尺の映像をご希望であればやはり従来の記録撮影をお勧めします。 ホームページには記載しておりませんが弊社でも記録撮影は70,000円(税別)で承っております。 ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。 ショートを見てからロングを見ると新しい発見があり楽しみは2倍となりますので是非ご注文頂けたらと思います。


特集記事
最新記事