一眼カメラを使用したブライダルムービー

muvinのブライダル撮影はビデオカメラでは無く全て一眼カメラを使用しています。 2008年に発売された5Dmk2というカメラに動画機能が備わったことにより写真のような美しい映像が撮れるようになりました。 これによりブライダルビデオ業界にも革命が起こり安価でハイクオリティーな映像制作が可能になったのです。 数年前までは利用者も少なく物珍しかった一眼ムービーも今ではだいぶ一般的になりました。 クオリティは別にして機材だけであればほとんどの業者が取り入れていると思います。 一眼ムービーの特徴として ・センサーが大きいため暗所に強く背景がボケる ・映画のような質感 ・小型のためスライダー、スラビライザーなどの特殊機材が使える ・レンズ交換を生かした多彩な表現ができる などのメリットがあるためエンドロールのような作品的な映像とはとても相性が良いです。 その反面ズームが出来ない、ピント合わせがシビア、スタビライザーはかなり練習が必要など ビデオカメラと使い勝手が全く違うため使いこなすのはなかなか難しいです。 カメラも数年前と比べればだいぶ扱いやすくはなりましたが、一眼を使用してエンドロールを制作している業者はまだまだ少なく今でもビデオカメラが主流でです。 今までの慣れた方法を捨て新しいことを始めるには大きなリスクが伴いますからね。 会場と提携している業者はそこまでして頑張る必要が無いんです。 じゃあ一眼を使っている業者はどこもクオリティが高いのでしょうか? 残念ながらそうではありません。 このブログを読まれている方はおそらくいろんな業者のサンプル動画を見ているのではないかと思います。 画質は綺麗で特殊機材も使用し、パッと見映画みたいなのに何故か感動しないという映像を見かけませんか? 技術レベルは上がっていますが作品性の高い感動的な映像となると日本ではまだまだ少数だと思います。 機材は一眼だけど撮影や編集の概念は今までと同じ感覚で製作している業者はこういった傾向が強いですね。 作品性の高いブライダル映像に仕上げるには作り手が独自の哲学を持ち結婚式を映像作品に仕上げるという強い意志を持つことが大事だと思います。 機材は所詮道具ですからね。上っ面だけ映画っぽく仕上げても哲学の無い映像は心には響きません。 と偉そうなことを言ってはいますが私たちもまだまだ発展途上です。 ただ斬新で綺麗なだけでなく心に深く響く映像を作るにはどうすれば良いか。 生涯悩みながら作り続けていこうと思います。


特集記事
最新記事